Buffalo組 造形の作品

先週の金曜日は造形教室でした。

今回のテーマは「民族のお面」を作ろう。

最初は何のことだかわからない様子でしたが、先生の見本を見ながら手順を説明してもらい、子ども達なりに自分のイメージを膨らませていきました。

厚紙をお面にしたい形に切ってます。大きさや細かいパーツも、それぞれこだわりがあるようです。

貼り合わせたお面の上に、アルミシートを貼っていきます。

「ピカピカー!」と、光るものが大好きなBuffaloさん。これだけでも、立派な作品に見えました。

このアルミシートの上から、黒のアクリル絵の具を塗ります。絵の具が乾いたら、凹凸の部分だけを布で拭いて…

 

ようやく完成したものが、こちらです!!

なんとなく、美術館にあるような…歴史を感じさせる、味のある作品になりました。

2階踊り場に展示してありますので、是非ご覧下さい。

2022年11月11日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : 斉藤正歳